少年事件・刑事事件の弁護士トップ > 事件別 事例と解説 > 執行猶予中の強制わいせつ事件

事件別 事例と解説執行猶予中の強制わいせつ事件

当事務所の弁護士が過去に扱った事例を、弁護活動の内容と結果は変えずに、事案を一部改変してご紹介します。

示談により告訴取り消しを得て不起訴

会社員のAさんは、別の事件による執行猶予期間中であったのにも関わらず、夜間の路上で、通行人の女性の体を触るという強制わいせつ事件を起こしてしまいました。

起訴されれば、間違いなく実刑判決となり職を失うことになるため、弁護人は、さっそく検察官を通じて被害者の女性と連絡を取り、謝罪と示談の申し入れをしました。

当然のことながら何の落ち度もない被害女性やその家族は、Aさんの行為に怒り心頭でしたが、弁護人が被害者に直接会って話をうかがうとともにAさんの反省を伝え、また、Aさんの家族も被害者に最大限の誠意を尽くした結果、起訴される前に示談が成立して被害者からは告訴が取り消され、Aさんは釈放されました。

同じタイプの事件を私選弁護で受任した場合の弁護士費用の目安

着手金30~50万円(税別)
報酬金0~50万円(税別)

※詳しくは「安心の弁護士費用」をご参照ください。
※当事務所では、刑事事件・少年事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくは「無料接見・無料相談」をご覧ください。

部下を殴って死亡させ裁判員裁判

事件別 事例と解説

モッキンバードの弁護士に相談されたい方モッキンバードの弁護士に刑事事件や少年事件を相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回の法律相談・接見が無料です。モッキンバードの弁護士にご相談されたい場合は、お電話もしくはメールフォームより無料法律相談のご予約をお取りください。

刑事事件・少年事件の弁護士相談専用ダイヤル 弁護士事務所へのメール
無料の接見要請・無料法律相談予約 0120-881-015弁護士事務所にメールする
モッキンバード法律事務所の様子モッキンバード法律事務所の様子

弁護士事務所へのよくある質問弁護士事務所へのよくある質問

初回接見無料・初回相談無料。少年事件・刑事事件専用ダイヤルへ電話する少年事件・刑事事件専用メール問い合わせ