少年事件・刑事事件の弁護士トップ > はじめに > 弁護人は何をするのか

はじめに弁護人は何をするのか

すべての人に「最善の弁護」を

捜査機関から「罪を犯した」という疑いをかけられた全ての人には、弁護人による弁護を受ける権利があります。

大人も、子どもも、男性も、女性も、外国人も、病気の人も、貧しい人も、全ての人に「自分の身を守る権利」があるのです。

「身に覚えのない」罪に問われた人が、刑罰を受けることは絶対にあってはなりません。刑事司法の最大の役割は、罪を犯していない人が罰せられる悲劇を防ぐことにあります。弁護人は、そのために全力を尽くして弁護活動をしなければなりません。

しかし、身を守る必要があるのは、「身に覚えのある人」、つまり、実際に、悪いことをしてしまった人の場合でも全く同じです。

たとえ、それが世の中の多くの人々から強く非難される犯罪でも、「したこと」以上の重すぎる罪に問われることがあってはなりません。また、適切な重さの刑罰であったとしても、それが「正しい手続」によって科されるのでなければ「間違った刑罰」です。

「悪いことをしたのだから、どのような刑罰でも甘んじて受けるべきだ」「犯罪者だから、手続に違法な点があっても構わない」というのは、法治国家において許されない考えです。

「極悪人」と糾弾される人であっても、彼が自分の身を守る権利を十分に行使してはじめて、私たちの社会の刑事司法制度は健全に機能し、その正当性を維持することができるのです。

そのために、刑事事件の弁護人は、どのような人にも等しく、その人の権利及び利益を守るための「最善の弁護」を尽くす責務を負っています。

具体的には、私たちは、弁護人として、次のような活動をします。

このように、被疑者・被告人となった方のために弁護人がなすべき活動は、広く多岐に亘っています。

私たちは、疑いをかけられてから、最終的な結論がでるまでの途中の一部分だけではなく、依頼を受けてから結論が出るまでの全般 について、最善の弁護活動を尽くします。

なぜ弁護人が必要か

はじめに

モッキンバードの弁護士に相談されたい方モッキンバードの弁護士に刑事事件や少年事件を相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回の法律相談・接見が無料です。モッキンバードの弁護士にご相談されたい場合は、お電話もしくはメールフォームより無料法律相談のご予約をお取りください。

刑事事件・少年事件の弁護士相談専用ダイヤル 弁護士事務所へのメール
無料の接見要請・無料法律相談予約 0120-881-015弁護士事務所にメールする
モッキンバード法律事務所の様子モッキンバード法律事務所の様子

弁護士事務所へのよくある質問弁護士事務所へのよくある質問

初回接見無料・初回相談無料。少年事件・刑事事件専用ダイヤルへ電話する少年事件・刑事事件専用メール問い合わせ