少年事件・刑事事件の弁護士トップ > 少年事件の弁護 > 少年鑑別所はどんなところか

少年事件の弁護少年鑑別所はどんなところか

少年の生活態度を観察し性格等を調べる施設

警察によって逮捕や勾留された少年が家庭裁判所に送られると、多くの場合、家庭裁判所が処分を決める(その手続を「審判」と呼びます)までの期間を、少年鑑別所で過ごすように命じられることになります。

少年鑑別所は、少年院などと異なり、非行少年に対して積極的に教育指導をする施設ではなく、家庭裁判所で審判を受ける予定の少年を一定期間収容して、審判までに、心理検査や課題作文、行動観察などを実施して、その少年の性格や考え方の特徴を把握したり、時には精神疾患その他の病気や障害の有無について調べたりする施設です。埼玉の場合には、さいたま地方裁判所のすぐ近くに「さいたま少年鑑別所」があり、熊谷や川越の裁判所で審判を受ける少年についても、ここに収容されています。

少年鑑別所に収容される期間は、通常4週間以内であり、その間に審判が開かれて処分が決まることになります。しかし、非行事実の有無や内容を決めるために必要な場合は、特別に最大8週間まで期間が延長されることもあります。また、一旦少年鑑別所に入った後でも、審判が開かれる前に、別の事件で警察署に逮捕されると、少年鑑別所から再び警察の留置施設などに勾留され、後日、再び少年鑑別所に収容するということもあります。

少年鑑別所が審判までに少年について調査した結果は、「鑑別結果通知書」という書類にまとめられ、家庭裁判所の裁判官が、その少年に対する処分を決める上で重要な資料となります。

そのため、お子さんが少年鑑別所に収容された場合は、保護者としても、このような少年鑑別所の機能を十分認識した上で、お子さんとの面会等にのぞむ必要があります。実際、少年鑑別所での親子の面会には、職員が立ち会い、その面会の様子についても、鑑別結果通知書に記載されるのが通常です。

事件を起こしてしまった少年が、審判で、重すぎる処分を受けることなく、その後の生活を立て直していくためには、少年鑑別所における生活をどのように過ごすのかが重要になります。当事務所の弁護士は、少年鑑別所に収容されている少年と丁寧に面接を重ねて、その心情に寄り添う活動を心がけています。

お子さんの事件でお悩みの際には、どうぞご相談ください。

当事務所では、少年事件・刑事事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

少年鑑別所から出るには

少年事件

モッキンバードの弁護士に相談されたい方モッキンバードの弁護士に刑事事件や少年事件を相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回の法律相談・接見が無料です。モッキンバードの弁護士にご相談されたい場合は、お電話もしくはメールフォームより無料法律相談のご予約をお取りください。

刑事事件・少年事件の弁護士相談専用ダイヤル 弁護士事務所へのメール
無料の接見要請・無料法律相談予約 0120-881-015弁護士事務所にメールする
モッキンバード法律事務所の様子モッキンバード法律事務所の様子

弁護士事務所へのよくある質問弁護士事務所へのよくある質問

初回接見無料・初回相談無料。少年事件・刑事事件専用ダイヤルへ電話する少年事件・刑事事件専用メール問い合わせ